モンスターカレンダー

« 2012年12月 »
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2012年12月 5日アーカイブ

風俗・・・今年26歳にもなるが一切関わることのなかった風俗へ行くということ。

遊びからもルールも知らない僕。なにも童貞な訳ではない。一通りの恋愛はしてきたし、一通りのSEXもしてきた。


愛した女もいたし、愛してくれた女もいた。

でもSEXに関して、気持ちいいと思うことがあまりなかった。

だからこの歳まで一切風俗には興味がなかったのだ。


あまり、ノーマルなSEXに興味がなかったのだろう。

いつも見るAVは男が女に責められるような言うならばSM物しか見ていなかったし、あまり自分から攻めるというのがもともと好きではなかった。


20歳の時、友達と初めてのデリヘルに行こうと誘われたが断った。

普通のSEXには興味がないからだ。

かと言ってモロのSM倶楽部みたいにただひたすら、奴隷みたいな感じになるのもなんか違う。


だから、風俗には一生縁がないと思っていた。


あの大阪痴女性感フェチ倶楽部に出会うまでは・・・・・


きっかけは単純なものだった。

会社帰りに、上司から渡された1枚の風俗店の名刺。

それが大阪痴女性感フェチ倶楽部の名刺だった。


「ここはやばいぞ!!いまでは俺は週一で通ってるで!!お前も行ってみろや!!」

「あぁ・・・はい。」


なんて興味もないのに、渡されたものをいらないと言えない関係であるがゆえ、その場で僕はその名刺をスーツの胸ポケットにしまった。


そしてある休みの日、スーツをクリーニングに出そうとポケットのなかに何か小銭やらなんやら入ってはないかとポケットをまさぐっていた時に見つけてしまった。


あの大阪痴女性感フェチ倶楽部の名刺を。


少し見たら捨てるつもりだった。が、その名刺には大阪痴女性感フェチ倶楽部について事細かに遊び方やルールが書いてあった。


「これだ!!」


と僕は確信した。


オーガズムという、女性にしか体感できないであろうと思っていた快感をプレイの講習などをちゃんと行った女性たちが、時間いっぱい責めながら体感させてくれるという内容。


衝撃を受けた。こんな風俗があるなんて知らなかった。

初めてのデリヘルがここだ!!そう思えた瞬間であった。


僕はすぐさま、ホテルを予約し同時にお店に電話をし、丁寧な電話対応にさらにびっくりした。

そして、ホテルで女性を待っているとついに来た!

 

そこからの話は、とてもいやらし過ぎて話せたものではない。


ただ一つだけ言っておくとしたら、僕と同じで普通の風俗には興味がないかたや

初めてのデリヘルはどこにしようか迷っている方、そして、オーガズムに興味はなんとなくあるがルールや遊び方がわからず不安だというかたは是非、ここの大阪痴女性感フェチ倶楽部をおすすめしたい。


人生の楽しみ方がひとつ増えた!!そんな思いにさせてくれるお店である。